京都セレクション

メニュー

お茶のご紹介

四季の和菓子のご紹介

今月の京菓子

京都茶寮は7周年を迎えました。今月のお菓子は、栗をつかったものや紅葉する景色をうつしたものなど、10月らしいいろどり豊かな5種です。日ごろのご愛顧に感謝してお得なサービスも実施します。ぜひ足をお運びください。

  • 栗きんとん(くりきんとん) 栗の風味を活かし、ていねいに裏漉ししたきんとんの中にはやさしい甘さのこしあん。とろけるような、なめらかな口あたりのお菓子です。
    栗きんとん/白こしあん  
    『老松』

  • 秋風(あきかぜ) 瑞々しく茂る緑葉のなかに、ちらほらと枯色が混じり始める季節。甘みを抑えた粒あんをきんとんでくるんでいます。小豆の風味をお楽しみいただきたい一品です。
    きんとん/粒あん/羊羹
    『亀屋良長』

  • 秋燃ゆ(あきもゆ) 三色に染め分けたこなしの中に、優しい甘みの白こしあんが入ったお菓子です。京都を囲む三方の山々が次第に色づいていく季節の移ろいを表しています。
    こなし/白こしあん  
    『笹屋伊織』

  • 里の秋(さとのあき) 自然のままの甘さを残した栗あんをういろうで包んでいます。かやぶきの屋根に散り始めた紅葉が一枚、童謡「里の秋」の景色が目に浮かんでくるようなお菓子です。
    ういろう/栗あん/氷餅 
    『千本玉壽軒』

  • 山づと(やまづと) 栗とこしあんを薯蕷で巻いた姿が素朴な趣を醸しています。こしあんと栗のやや濃厚な甘みが淡い薯蕷の風味と口中で混ざり合い上品な味わいとなっています。
    薯蕷/こしあん/栗
    『二條若狭屋』

※表示価格は2014年4月1日からの価格です。