京都茶寮

スタッフブログ

6月の和菓子「青梅」

スタッフ

今日の市バスは窓全開。爽やかな天気なのですが、バスを降りてしばらく歩くと、じと~っと汗が、、。ちょっと歩き疲れて、“身体が糖分を欲している~”っなんて時にオススメなのが、こちらの和菓子。
 
柔らかくきめ細やかなういろう生地に、白あんが包まれています。
京都の和菓子屋さんが作る白あんは、上品で甘過ぎず爽やかな口あたり。
水出しの煎茶などと一緒にいただけば、本当に癒されます♪
 
こんなに可愛らしい和菓子ですが、梅は入っていません~。
◆二條若狭屋 「青梅」(ういろう、白こしあん)
ニ條若狭屋「青梅」

本日より「京都ブランド展」を開催します

スタッフ

本日より、京都茶寮のギャラリーでは「京都ブランド展」~あたらしきもの京都/KYOTO CONNECTION/Kyoto Contemporary~ を開催します。
 
京都の事業者が日本全国に向けて新たに発信するものづくりプロジェクト「あたらしきもの京都」
伝統的な技法や美意識で作られる京都ブランドのテキスタイルやインテリアの素材を
欧米諸国に提案する「KYOTO CONNECTION」
気鋭のフランス人デザイナーと京都の職人とのコラボレーションで新製品を生み出す「Kyoto Contemporary」
この3つの事業によって生み出された今年の商品を、前期と後期に分けて展示販売します。ぜひご覧ください☆
「京都ブランド展」
 
◆期間:(前期)6/21~7/9(後期)7/11~7/27 ※7/10は入替のためお休み
◆時間:10時~19時
◆入場無料
 
↓ インテリアとして飾りたくなる現代風の招き猫
 土田人形「ねこのもてなし」
土田人形「ねこのもてなし」
 
↓最高級の純金糸を贅沢に用いたアクセサリー
 寺島保太良商店「絲 tabane」ネックレス/ブレスレット
寺島保太良商店「絲 tabane」
 
↓革製ハンドル(別売)を使えばこんなステキなバッグになる風呂敷
 丸和商業「風呂敷 ストライプ」
丸和商業 「風呂敷」

6月の和菓子「雨上がり」

スタッフ

梅雨の晴れ間。というか、全く雨の降らない今年の京都。
今年は梅雨が長引くのでしょうか、、。
7月に祇園祭を控えている京都としては少し心配です。
 
雨上がりの紫陽花を表現した和菓子です☆
錦玉羹のキラキラが涼やかですね!
天気がいいのは嬉しいのですが、紫陽花や農作物のためにも
雨が降ってほしいですね~。
 
◆亀屋良長 「雨上がり」(きんとん、粒あん、錦玉羹)
亀屋良長「雨上がり」

6月の和菓子「忘れじの人」

スタッフ

京菓子は比較的 抽象的な意匠が多いのですが、こちらは立体的なデザインで水芭蕉をモチーフにした和菓子です。
水芭蕉といえば、♪夏が来れば思い出す~ の歌い出しで有名な「夏の想い出」が頭の中に流れます。郷愁を誘うようなステキなメロディーでした。
 
そしてこちらの和菓子は「忘れじの人」。なんというキュンとする菓名でしょうか~。和菓子の向こうに物語が広がっていそうです☆
 
◆笹屋伊織「忘れじの人」(こなし、白こしあん)
笹屋伊織「忘れじの人」

6月の和菓子「蛍川」

スタッフ

関西も梅雨に入り、雨に濡れた植物たちが生き生きしています!
そんな潤いに満ちた中、今週末10日(土)に下鴨神社で「蛍火の茶会」が催されます。世界遺産にも登録されている境内の御手洗池に約600匹ものホタルが放たれ、幻想的な光の舞をを楽しむことができます~。
 
そして、こちらはそんなホタルをモチーフにした和菓子♪
しっとりとしたこなし生地に上品なこしあんが包まれています~。
 
◆千本玉寿軒 「蛍川」(こなし、こしあん)

1 / 120123102030...最後 »