京都茶寮

スタッフブログ

京菓子千歳

5月の和菓子「青々」

スタッフ

爽やかで清々しい時間は短い…。
小さく柔らかな若葉もぐんぐん成長して、気温も湿度も高くなってきました~。
ひと際じめっとした空気の京都。梅雨入りも近そうです。
 
今年の新緑の思い出は、どこの場所のどんな場面ですか?
5月の爽やかな空気感、最後にこの和菓子で堪能してください☆ 
 
◆千本玉寿軒 「青々(せいせい)」 (こなし、こしあん)
千本玉寿軒 「青々」

5月の和菓子「五月晴」

スタッフ

初夏の和菓子には、新緑のみどり色や藤の花の紫色の和菓子が多くありますが、
こちらも5月を代表する花、あやめをモチーフにした鮮やかな和菓子です~。
あやめの葉が、さりげなく添えられているところがポイントですね!
 
小さなかわいい和菓子ですが、
食べるともっちりしていてとても満足感があります☆
京都茶寮では濃茶(こいちゃ)もご用意していますが、とろ~りとした濃厚な濃茶にもよく合います!
ぜひお召し上がりください♪
 
◆笹屋伊織 「五月晴」(こなし、こしあん)
笹屋伊織 「五月晴」

5月の和菓子「青葉のひかり」

スタッフ

晴天の昨日、京都では京都三大祭のひとつである 「葵祭り」 が行われました。
雅やかな平安装束をまとった500名以上の人々や、藤の花で飾られた牛車、
色とりどりの風流傘の行列は、まるで王朝絵巻そのものでした~。
 
こちらは、「青葉のひかり」という菓名の和菓子。
 
昨日、新緑の木漏れ日の中、行列コースの沿道でまだかなまだかな~と
のぞき込みながら待っていた時間が思い起こされます♪
 
◆二條若狭屋 「青葉のひかり」(きんとん、粒あん)
二條若狭屋 「青葉のひかり」

5月の和菓子「青楓」

スタッフ

爽やかな天気~!
おそらく今夜の京都のニュースには、
鴨川で水遊びをするこどもたちの楽し気な様子が映される気がします♪
 
こちらの和菓子は、若葉の間から漏れる優しい陽射しが
水面にキラキラ煌いている様子を表しています。
穏やかな情景が目に浮かびますね~。 
 
◆亀屋良長 「青楓(あおかえで)」 (ういろう、白こしあん)
亀屋良長「青楓」
 
今日はこどもの日。
かしわ餅やちまきも食べたいですね☆

5月の和菓子「山の彩」

スタッフ

GW後半の初日。京都は少し風が強く曇り空。
ただ目を遠くに向けると、新緑の山々がいつもよりぐっと近く感じました。
 
少し山の方へ行けば藤が咲き乱れる季節です。
ドライブの途中で、他の木に絡みついて咲くその姿に目を奪われることも!
藤棚もきれいですが野性味あふれる自生の藤も魅力的ですね。
 
そして、こちらの和菓子もとってもステキ♪
が焼き印された羽二重餅の和菓子です。
 
◆老松 「山の彩」(羽二重餅、白こしあん)
老松 「山の彩」