京都茶寮

スタッフブログ

京菓子千歳

1月の和菓子「柚子の香」

スタッフ

先週に続き、再び京都市には大雪警報が発令されました。
ご帰宅の際には足元にご注意ください~。
 
京都茶寮ではお抹茶が人気ですが、上品な渋みを楽しんでいただけるお煎茶や、香り高いほうじ茶などもご提供しています。
急須と温かいお湯を一緒にお出ししますので、2煎目、3煎目も美味しく飲んでいただけます。おいしい和菓子と一緒にほっこりしてください♪
 
こちらはまったりとした柚子味噌餡が入った和菓子。
季節は違いますが、かしわ餅も味噌餡タイプが好みの私としては大プッシュの一品です☆
柚子の香りと相まってこの寒さも乗り切れそうです!
 
◆亀屋良長 「柚子の香」(雪平、柚子味噌あん)
亀屋良長 「柚子の香」

1月の和菓子「福梅」

スタッフ

京都にしては記録的な大雪に見舞われた先日。
ニュースやSNSで滅多に見られない雪化粧の寺社や京の街並みが数多く紹介される中、
雪をかぶった梅花の可憐な姿に目を奪われました~☆
 
そんな、風雪に耐えて健気に咲く梅をモチーフにしたのがこちらの和菓子。
雪に見立てた氷餅と、更に新春らしく添えられた金箔でキラキラ輝いています♪
柔らかなういろう生地と上品な白こしあんのバランスが最高、の一品です。
 
◆千本玉寿軒 「福梅」(ういろう、白こしあん)
千本玉寿軒 「福梅」

1月の和菓子「ときわ」

スタッフ

大寒波で京都市内も降雪するというニュースに慄いておりましたが、
午前中は舞っている程度だったので少し安心しました。
ただ今日も刺すように冷たい風が吹いていますので、十分暖かくしてお出かけください。
 
こちらは常緑の松をイメージした、「ときわ」という菓名のかわいらしい和菓子。
新年らしく明るい色あいで粒あんを包んでいます~。
 
お正月の松には神様が宿る木という意味がありますが、気付けば松の内も明日まで。
(京都では15日までが松の内ですね)
月日が経つのは早いですね…。
 
◆笹屋伊織 「ときわ」(こなし、粒あん)
笹屋伊織 「ときわ」

1月の和菓子「吉祥酉」

スタッフ

お正月休みと3連休でなんだかふわふわした日々でしたが、また日常が始まりました。
 
初詣、皆さまはどこへお参りになられましたか。
京都の大きな神社では干支のが描かれた大絵馬を飾っていましたが、
こちらは和菓子に酉が焼き印された小さな絵馬。
コケコッコー!と大きな声で新しい年を元気にしてくれそうです☆
 
◆二條若狭屋 「吉祥酉」(薯蕷饅頭、こしあん)
二條若狭屋「吉祥酉」

1月の和菓子「千代の栄」

スタッフ

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
2017年 最初にご紹介する和菓子は、吉祥の紅白が新年らしく 晴れやかな一品。
今年1年の平穏と繁栄の願いが込められている、老松さんの「千代の栄」。
つくね芋のふくよかな香りと柔らかな食感が特徴で、
新年早々 ほっこりとした幸せを感じられます!
 
◆老松 「千代の栄」(芋練りきんとん、こしあん)
老松 「千代の栄」