京都茶寮

スタッフブログ

二月の和菓子「北野の春」

スタッフ

「北野」は北野天満宮がある場所の地名です。
北野天満宮といえば、社紋も梅がモチーフになるほど梅が有名。
祀られている菅原道長が愛した花ですね。
 
俵屋吉富製 「北野の春」
■きんとん ■つぶあん
北野の春
 
雪解けとともに大地の
そこかしこから柔らかな新緑が現れ始める季節。
馥郁たる香りに包まれる北野天満宮の梅林を表現しました。

 
 
「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
(春になり東風が吹くようになったら、主人がいなくても春を忘れないで匂いゆかしく花を咲かせよ)
 
これは道真が大宰府に左遷された際に詠んだ歌です。
また、道真の邸宅の梅が大宰府に飛んでいったという、飛び梅伝説も残されています。

今月25日には、北野天満宮にて「梅花祭」が催されます。
春の気配を感じに行くのも素敵ですね。

1 / 11